Kawaii is justice♡

単なる日記です。文章力を上げるために始めました。

新宿の占いおばさんの話

私は今の会社に転職で入りました。

転職といっても、第二新卒で入ったので新入社員を2回経験していることになります。

 

今の会社を受けたきっかけは「占い師のおばさんの言葉」でした。

 

全然内定が出ず、地元と東京の往復の交通費がかさむだけの状況に焦りを感じていたとき、ふと占いの行列が目に入りました。

「あっNHKの72時間で密着してた占いだ!」

その占い屋さんは少し前にNHKの「ドキュメント72時間」という番組で密着していた占い屋さんでした。

調べてみると、手相占いは1,000円。

占いなんて行ったこともないし、あまり信じるほうでもありませんが、「1,000円だしいっか…」と思い、並んでみることにしました。

もうあまり覚えていませんが、おそらく1時間もかからず自分の番になったと思います。
占ってくれたのは普通のおばさん。お店の中はとても狭かったです。

 

おばさんは私の手を見てすぐ、「あなた真面目でしょ!!もっと力抜いて生きなきゃだめだよ!」みたいなことを言ってました。

真面目だとはよく言われるので、「ああよく言われます~」みたいに適当に相槌を打ちつつ、結婚子供お金について話は進み、まぁそんなに悪いことも言われず。

今就職活動をしていること、以前はSEをやっていたことを告げると

「SEみたいな仕事は向いてると思うよ。あなたは外向きの人間だから、営業も向いてるかもしれない。外資系とか受けてみたらいいんじゃない?」

と言われました。

 

今思うと「外向き=外資」とは…と少し疑問に思いますが。

私は英語が苦手で、会社説明に「グローバル」という単語がある会社はできる限り避けていたので、外資系の会社を受けるなんて考えもしませんでした。

しかしその時はなぜか素直に「よし、外資系のIT企業を調べよう」と思い、探して受けたところが今の会社です。

その会社は書類も面接もトントン進み、最終面接から30分もたたないうちに内定をいただきました。

 

もちろん今の会社に思うところがないわけではありませんが、以前の会社にいたころよりやりたい仕事ができ、お給料も上がって、人にも恵まれてるなと感じています。

あの時勇気を出して、占い屋さんに飛び込んでみてよかったなと思います。

私の人生は遠回りの連続だし、結構大きな選択もぽんっと決めてしまうような適当な生き方をしているのですが、これからもそんな感じで何となく生きていきたいなと思います。